メンテナンス・障害情報 Maintenance / Failure information

  • ホーム
  • メンテナンス・障害情報

サービスに関するメンテナンス・障害情報をご案内しています。
タイトルをクリックすると内容をご覧いただけます。

現在の情報

2019年02月22日 17:59 メンテナンス 対応完了 BIND 9.xの脆弱性について(CVE-2018-5744、CVE-2018-5745、CVE-2019-6465)

お客様各位

2019年02月22日
株式会社イーネットソリューションズ

BIND 9.xの脆弱性について(CVE-2018-5744、CVE-2018-5745、CVE-2019-6465)

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

2019年2月22日にBIND 9.xの脆弱性が公表されました。

詳細
対象 各脆弱性の影響を受けるバージョンは次のとおりです。

■1件目
(緊急)BIND 9.xの脆弱性(メモリリークの発生)について
(CVE-2018-5744)
- フルリゾルバー(キャッシュDNSサーバー)/権威DNSサーバーの双方が対
象、バージョンアップを強く推奨 -


【対象となるバージョン】
本脆弱性は、以下のバージョンのBIND 9が該当します。
・9.12系列:9.12.0~9.12.3-P1
・9.11系列:9.11.3~9.11.5-P1
・上記以外の系列:9.10.7~9.10.8-P1

■2件目
BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2018-5745)
- バージョンアップを推奨 -


【対象となるバージョン】
本脆弱性は、以下のバージョンのBIND 9が該当します。
・9.12系列:9.12.0~9.12.3-P1
・9.11系列:9.11.0~9.11.5-P1
・上記以外の系列:9.9.0~9.10.8-P1

■3件目
BIND 9.xの脆弱性(アクセス制限の不具合によるゾーンデータの流出)
について(CVE-2019-6465)
- バージョンアップを推奨 -


【対象となるバージョン】
本脆弱性は、以下のバージョンのBIND 9が該当します。
・9.12系列:9.12.0~9.12.3-P2
・9.11系列:9.11.0~9.11.5-P2
・上記以外の系列:9.9.0~9.10.8-P1

[ご利用サービスにおける影響の有無]
本脆弱性の影響を確認したところ、弊社にて利用しておりますDNSサーバについては

対象のバージョンを使用しておりませんので、影響を受けません。

 

本件に関するお問合わせにつきましては、弊社サポートセンターまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

2019年01月18日 20:29 障害 対応中 【共用スパムファイアウォール 】スパム隔離サマリ配送障害発生のご報告

お客様各位

2019年01月18日
株式会社イーネットソリューションズ

【共用スパムファイアウォール 】スパム隔離サマリ配送障害発生のご報告

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

本日、共用スパムファイアウォールにて、スパム隔離サマリの通知メールが
一部のお客様宛に配送されない現象が発生致しましたことをご報告申し上げます。

共用スパムファイアウォールをご利用中のお客様には大変ご迷惑を
お掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。

詳細
影響サービス スパムブロックサービス
障害内容 【対象のスパム隔離サマリ】
2019年1月18日 15時ごろより配送が開始される予定のスパム隔離サマリ

【影響範囲】
共用スパムファイアウォールにご登録いただいている一部のメールアドレス

【原因】
複数台で冗長化されている共用スパムファイアウォール環境の特定機器において高負荷が発生。
高負荷により、該当機器から配送される予定のスパム隔離サマリが配送されない現象が発生。

【本問題への対策】
高負荷が発生した機器の緊急スペックアップメンテナンスを実施。
本メンテナンスによるサービスへの影響はございません。
対応状況

【お客様へのお願い】
誠に恐れ入りますが「2019年1月18日」付のスパム隔離サマリが未受信のお客様におかれましては
直接隔離ボックスからご確認いただけますようお願い申し上げます。
隔離ボックスへのログイン情報がご不明な場合は、サポートセンターまでご連絡ください。
※パスワード再発行の手続きをご案内いたします。

この度はご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
本件に関するお問合わせにつきましては、弊社サポートセンターまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

2019年01月18日 18:05 障害 復旧済み 【merisisクラウドサービス】ノード切り替え発生・復旧のご報告

お客様各位

2019年01月18日
株式会社イーネットソリューションズ

【merisisクラウドサービス】ノード切り替え発生・復旧のご報告

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

弊社データセンターでご契約頂いておりますクラウド環境の一部OSにおきまして、
基盤ホストノードの障害によりノード間自動切り替えが発生致しました事をご報告いたします。
なお、現在は復旧しております。
詳細
発生時刻 01月17日 23:15
影響サービス merisis クラウドサービス
障害内容 クラウド環境の基盤ホストノードの1台にてハードウェア障害が発生したことに起因し、
対象ホストノード上で稼働中であったお客様OSの自動移動が発生いたしました。

本障害に伴い、該当OSは別のホストノード上にて自動復旧をしておりますが、
ホストノード間移動時に1回OSのシャットダウンが発生したことを確認しております。
※ハードウェア障害に関しても復旧済みです。
対応状況

対象のお客様につきましては、個別にメールにて再起動が発生した対象サーバのご連絡を
行っておりますので、お手数ですが対象OSの動作確認を行っていただけますようお願い申し上げます。
尚、クラウド環境の基盤ホストノードは複数台にて冗長構成が組まれておりますため、
本障害による冗長性の低下はございませんのでご安心ください。

この度はご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。
本件につきご不明な点などございましたらサポートセンターまでご連絡ください。

メンテナンス・障害情報一覧はこちら

今後のメンテナンス予定

ただいま掲載する情報はありません。

ビジネスパートナー

私たちは、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)の指定事業者です。

ISMS認証取得

情報セキュリティ管理の世界基準であるISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)の認証を取得しております。