専用サーバーホスティング

最先端の拡張環境に最適な物理専用サーバーホスティングサービス

サービス仕様

多様なサービスを標準でご提供。

下記の内容を標準サービスとしてご提供しています。ご不明の点などはサポートセンターか担当までお問い合わせください。

要件概要 対応・実施内容
導入
ラック準備 ご契約サーバーU数分のラックをご提供します。
電源コンセント確保 サーバー機器電源コンセントをご提供します。
インターネット回線準備 共用インターネット回線をご準備します。
IPアドレス提供 ご契約サーバー台数分のIPアドレスをご提供します。
サーバー機器準備 ご契約サーバーの確保・準備を行います。
ドメイン ドメイン(DNS)申請 ご契約サーバーにて稼働するドメインを対象に、JPRSへのネームサーバー登録申請を行います(ドメイン取得・更新は別途有償となります)。
SSL証明書 DV(ドメイン認証)
SSL証明書
ご契約のサーバー1台につき1つのSSL証明書をご提供いたします。無料の証明書はJPRSのDVSSL証明書です。2016年11月以降の新規ご契約1サーバーにつき、1つの証明書を無料でご提供します(証明書設定費用は別途)。
ハードウェア
構築
キッティング サーバーご契約時における、標準スペックを変更するためのパーツ取り付け等は初期費用に含みます。サーバーリリース後のパーツ追加作業は、別途有償となります。
ネットワーク結線 標準構成ではネットワークカード1ポートの設定および、1結線接続によるご提供とします。複数ポート利用(LANセグメントやバックネットワークの構築・結線等)は、別途有償となります。
パーティション設定 LinuxOSではパーティション設定変更は有償作業とします。(標準パーティション /boot:250MB , SWAP:メモリ容量の2倍からメモリ同容量までとご契約環境によって設定。 , /:残り容量全て)、WindowsOSのみ、サーバーご契約時パーティション設定可能。
ネットワーク設計
構築
ネットワークセグメント設計 1セグメント分は標準設定に含まれます。追加1セグメント毎に、有償となります(専用ファイアウォール契約有りの場合は除く)。
ファイアウォールポリシー設計 サーバー側ソフトウェアファイアウォールについては、弊社の標準設定にてご提供します。
お客様のご要望による変更は有償となります。
複数ネットワーク接続 標準ネットワークカード1ポート対して、1グローバルIP、1セグメント接続を標準設定としております。
複数サーバー接続 サーバー単体稼働を標準設計・設定としております。複数台構成を必要とする場合、ネットワーク設計や、ネットワーク設定を必要とする場合がございます。
OS
ミドルウェア設定
構築
性能要件保証 弊社標準の設計・設定では、お客様毎の性能要件に対するテストを行っておりません。
ミドルウェア設定設計 標準インストールされているミドルウェアは、弊社標準設定されているサービス・設定以外は、OS標準設定が基本状態となります。
ドキュメント サーバー設定完了通知書(契約内容、ログイン方法)をご提供いたします。
上記以外の各種ドキュメントを必要とする場合、有償となります。
設定変更 弊社の標準設定値にてご提供いたします。
お客様のご要望による変更、追加設定は有償となります。
標準設定
FTPサーバー(vsftpd) ホームページアップロード用アカウント(homepage)および、SSHログインアカウント(webmaster)の、2アカウント分を標準設定。
rootアカウントによるFTPログインは標準設定では不可能です。
リモートログイン(SSH) SSH接続によるサーバーログイン用アカウント(webmaster)を1アカウント標準設定。
rootアカウントによる直接ログインは標準設定では不可能です。
SMTPサーバー(qmail , sendmail) SMTPサーバーとして、qmailまたはsendmailを選択可能(ご契約サーバーに割り当てたドメインによるメール送受信および、不正リレー対策までを標準設定とします)。
バーチャルドメインのメール送受信は、別途有償にて設定可能。
DNSサーバー(BIND) ご契約サーバーに割り当てるドメインを対象に、1ドメイン分を標準設定対象とし、ゾーンファイル移行・設定および、セカンダリDNSをご提供いたします。
2ドメイン目からは有償による設定およびセカンダリDNSご提供となります。
Webサーバー(Apache) ご契約サーバーに割り当てるドメインを対象に、1ドメイン分の公開設定を標準設定対象といたします。標準設定内容には、SSL証明書に関する設定は含んでおりません。
バーチャルドメイン公開設定は、別途有償にて設定可能。
NTP 弊社時刻同期サーバーによる時刻同期設定済み。
POP3/IMAP(qmail-pop3 , dovecot) ご契約サーバーに割り当てるドメインを対象に、1ドメイン分のメール受信設定を標準設定対象とします。
バーチャルドメインのメール送受信は、別途有償にて設定可能。
IIS(FTP/Web)
Windowsのみ
ご契約サーバーに割り当てるドメインを対象に、1ドメイン分の公開設定を標準設定対象といたします。
smtpやpopの設定は含んでおりません。
リモートデスクトップ
Windowsのみ
1アカウント(administrator)のみ設定。2アカウント目(リモートデスクトップは標準2同時接続まで可能)からは、別途有償にて設定可能。
アップデート サーバーリリース時点における、最新パッチを適用した状態にてリリース致します。
システム運用
システムサービス時間 24時間、365日のサービス運用をご提供しております。
データセンター入局立会 お客様がご契約サーバーのメンテナンスの為、データセンターへ入局する場合、弊社スタッフがアテンドをさせていただきます(お客様単独入局不可)。
弊社営業日9:00~18:00までの間につき、2時間まで無償アテンド致します。時間延長および、営業時間外のアテンドは有償となります。
セキュリティホールメンテナンス 3パターンの適用ポリシーから選択し運用を行います。いずれの場合も、営業時間内は標準サービス内での対応を致します。
①無条件適用 ②情報提供のみ ③お客様指示による弊社適用
弊社営業時間外によるメンテナンスは有償となります。
ログ取得・保存ポリシー 標準設定では、各種ログ(syslog、Apacheログなど)は、週単位によるローテーション保存にて、26週(半年間)保存としております。半年を超えたログファイルはローテーション機能により削除されます。
保存期間の変更は有償にて対応可能です。
ログ確認・提供 保管されているログの閲覧や保管はお客様にて管理頂きます。
弊社による、ログ内容の確認・閲覧代行や、ログの分析、ログレポートを必要とする場合は、有償作業となります。
監視
サーバー死活監視 ご契約サーバーおよび、OSに対して、グローバルIPが設定されている場合に限り、pingコマンドによるサーバーの死活監視をご提供いたします。
VMプランの場合、1仮想OSまでを対象とします。
マシンランプ確認 お客様からのご依頼にて、ご契約サーバのマシンランプ確認を行います。
巡回監視 1回/日、弊社技術員によるセンター内巡回監視(障害ランプチェック等)を行います。
空調監視 データセンター内の室温・湿度を監視しております。
電源監視 電源容量の監視をしております。
回線状況監視 ご契約サーバーにてご利用頂く共用回線トラフィック量をモニタリングしております。
全てのお客様に最適な通信環境にてご利用頂くため、帯域の圧迫や、異常トラフィックが発生した場合、該当サーバーおよびネットワークに対して、通信制御を行う場合がございます。
障害対応
障害通知 障害が発生した際、緊急連絡先にご登録があるお客様ご担当者様へ、その旨をご連絡します。
サーバー・OS再起動 サーバー・OS再起動および、電源リセット電源Off/Onを行います。
障害機器交換作業 サーバー機器障害の際、弊社予備パーツ・サーバーへの交換を行います。
ネットワーク機器交換作業 ネットワーク機器障害の際、弊社予備機・予備パーツへ交換を行います。
初期状態復旧作業 OS破損の際、サーバーご契約後の初回リリース時までのOSに復旧を行います。
セキュリティ
不正アクセス防止 ご契約サーバーにて、ソフトウェアFireWallが設定されております。
稼働サービスに応じて、開放するデフォルトセーフを行っています。
標準開放ポート

  • FTP:20,21/tcp
  • SSH:22/tcp
  • snmp:161/tcp,udp
メール不正リレー対策 POPBeforeSMTPによる不正中継を防止しております。
ID・パスワード管理 パスワードは10桁の英字(大・小文字)+数字+特殊記号を含む事を必須としたランダム生成をポリシーとして作成しております。
サポート
24時間365日受付 メールによる受付を行っております。営業時間外での通常のお問い合わせは、翌営業日のご返答となります。
障害時対応 24時間365日、メールでの受付・作業対応を行っております。


TOP

お問い合わせ・資料請求はこちらから