2020.05.07:新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワーク期間の延長について

インフォメーションNews

BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止 CVE-2015-1349)によるサービス影響について

2015.02.20

2015(平成27)年2月 吉日

株式会社イーネットソリューションズ

2015年2月19日にBIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止 CVE-2015-1349)が公表されました。

脆弱性の影響について

BIND 9.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのサービス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されました。
本脆弱性により、提供者が意図しないサービスの停止が発生する可能性があります。

merisis ウィルスゲートウェイサービス 影響なし
merisis メールアーカイブサービス 影響なし
merisis スパムファイアウォールサービス 影響なし
merisis 専用・共用ファイアウォールサービス 影響なし
merisis 専用Linux-VPSサービス 影響なし
merisis シェアードホスティング 影響なし
merisis Cloudホスティングサービス 一部影響あり
(CentOS6またはRHEL6のOS環境をご利用、かつ、DNSサービスをご利用のお客様)
merisis マネージド型ホスティング 一部影響あり
(CentOS6またはRHEL6のOS環境をご利用、かつ、DNSサービスをご利用のお客様)

本脆弱性の影響を受ける可能性があるお客様へは、サポートセンターより順次対応についてのご案内および対応を進めさせて頂きます。

参考:脆弱性情報はこちら
http://jvn.jp/vu/JVNVU93982119/(JVN)
http://jprs.jp/tech/security/2015-02-19-bind9-vuln-managed-trust-anchors.html(JPRS)

本リリースに関するお問い合わせ

本件につきご不明な点などございましたら当サポートセンターまでお問い合わせ下さい。
イーネットソリューションズ サポートセンター
電話:0120-65-5058

ビジネスパートナー

私たちは、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)の指定事業者です。

ISMS認証取得

情報セキュリティ管理の世界基準であるISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)の認証を取得しております。

TOP
サーバーに関するお困りごとをすべて解決! 『まるっと』解決事例をご紹介