2020.05.07:新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワーク期間の延長について

インフォメーションNews

OpenSSLの脆弱性(2015年3月19日公表)によるサービス影響について

2015.03.20

2015(平成27)年3月 吉日

株式会社イーネットソリューションズ

2015年3月19日にOpenSSLにて複数の脆弱性が公表されました。

脆弱性の影響について

本脆弱性により、悪意のある第三者にクライアントとサーバー間における暗号化通信の解読がされる危険性がございます。

merisis ウィルスゲートウェイサービス 影響なし
merisis メールアーカイブサービス 一部影響あり(管理画面へのアクセスのみ)
merisis スパムファイアウォールサービス 影響なし
merisis 専用・共用ファイアウォールサービス 一部影響あり(SSL-VPNをご利用のお客様)
merisis 専用Linux-VPSサービス 一部影響あり
(httpsサイトをご利用中のお客様)
merisis シェアードホスティング 確認中
 ↓
一部影響あり 3/24更新
(httpsサイトをご利用中のお客様)
merisis Cloudホスティングサービス 一部影響あり
(httpsサイトをご利用中のお客様)
merisis マネージド型ホスティング 一部影響あり
(httpsサイトをご利用中のお客様)

本脆弱性の影響を受ける可能性があるお客様へは、サポートセンターより順次対応についてのご案内および対応を進めさせて頂きます。

参考:脆弱性情報はこちら
https://www.openssl.org/news/secadv_20150319.txt

本リリースに関するお問い合わせ

本件につきご不明な点などございましたら当サポートセンターまでお問い合わせ下さい。
イーネットソリューションズ サポートセンター
電話:0120-65-5058

ビジネスパートナー

私たちは、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)の指定事業者です。

ISMS認証取得

情報セキュリティ管理の世界基準であるISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)の認証を取得しております。

TOP
サーバーに関するお困りごとをすべて解決! 『まるっと』解決事例をご紹介